ソフトの歴史と今後の在り方

シルバー 数字

ソフトといえばこれまでは、パソコンにインストールするためのパックを購入する形が主流でした。また、業務で使用するようなものはオーダーメイドがほとんどで、その価格も相当に高額なものでした。

現在ではソフト開発は大勢での分業により多角的に展開されるようになり、たとえば授業支援システムのような一般にはあまり使用されないようなものでも、それほどのコストをかけることなく注文できるようになってきています。また、ネットを利用することでパソコン一台ずつインストールするような手間もなくなってきています。

授業支援システムのソフト
学校などでの授業や講義において、教員の話や黒板の書取といった従来の授業方法に加えて授業支援システムが導入され、より生徒たちへ解りやすい教育の情報化整備が推進されるようになりました。

生徒の積極性を引き出す画像や音声を用いた教材や学習ツールなど、学力向上を目的としたソフトの運用の他にも、生活指導や出欠の管理なども行うことが出来るため、教育現場の効率化を図り学生たちに充実した授業を提供するうえで大きな効果を発揮します。

システムのお役立ち情報

黒に白字の数字

情報システムは現在ではあらゆる現場に入り込み、教育現場も例外ではありません。

授業の補助教材はかつては映画やスライド、ビデオやOHPでした。現在はPC出力をプロジェクターに表示している学校もあります。

PCが各生徒に用意されている教室では、授業支援システムやソフトを利用することができます。これは先生の操作で生徒のディスプレイに動画を再生したり、質問を投げて回答を集計したりするような、双方向のやり取りが可能な機能が備わっています。

授業支援システムを機能させるソフト
ソフトとは、ハードウェアに対する概念であり、ハードウェア制御のために用いる事ができるプログラムなどの要素です。ハードウェアが存在していたとしても、それをコントロールするための制御手段が必要です。

授業支援システムの構築においても、ハードウェアの整備が進むだけでは、その機能を教育のために用いることができません。ソフトウェアとハードウェアが互いにそれぞれの役割を持って機能を果たすことにより、教育に役立つ効果が発揮されます。

授業支援システムのメリット

渦巻き数字

授業支援システムは、授業を行う補助としてインターネットを利用して教員や生徒それぞれの授業をサポートするものです。

教員は、授業やテストに関するお知らせや授業スケジュールなどを生徒に提供したり、授業で利用する教材を事前に配布したり、クリッカーやオンラインテストなどによって生徒の理解度を確認することができます。

また、生徒は、教材のダウンロードやレポート提出を行ったり、掲示板の閲覧などができ、パソコン・携帯・スマートフォンなどさまざまな端末からアクセスが可能なので、いつでもおこでも学習することができます。

授業支援システムの歴史とこれから
学校の授業に全面的にコンピュータが導入されるようになったのは、せいぜいここ15年ほどです。

最初はパソコンを使って簡単に絵を書いたり、インターネットが普及してからは調べ学習をしたり、このような使い方から始まりました。

しかし、現在はパソコンからタブレット端末を活用するよう変化が進み、今後は教師がすべて教えるのではなく、生徒が主体的に授業に参加するような、そんなシステムに移行することが考えられています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930